今回のコウセラセミナーはあの介護技術の分野で数多くの講演・執筆活動をされている田中義行先生をお招きして、拘縮予防に重点を置いたポジショニングやトランスファーに関する実技セミナーを開催いたします。 

 

 現在の日本では高齢化がすすみ、医療・介護の現場では寝たきりの患者・利用者が増加傾向にあります。それに伴い拘縮を有する患者・利用者も増えています。そこで拘縮してしまうメカニズムを理解し、きちんと評価し、適切なポジショニングをとることで、筋緊張が減少し改善します。またそういった患者・利用者をトランファーする際も間違ったやり方では、介護負担は増大し悪影響をおよぼします。

 本セミナーでは、拘縮を予防・改善するために、基礎知識から、正しく評価するためのポイント、そして正しいポジショニング・トランスファーを実践できるコツを、実技を通して学びます。

 

 

<以下のような方にオススメです>

 

良肢位の正しい捉え方、考え方を知りたい』

 

『拘縮・褥瘡予防につながるポジショニングを知りたい』

 

『クッションのあて方、体位変換のコツを実技を通して学びたい』

 

『トランスファーの正しいやり方を学び介護負担を軽減したい』

 

『田中先生に現場の疑問を解決してもらいたい

  

 

 田中先生は介護技術に関して全国的にご活躍されているトップランナーです。皆さん、この貴重な機会に田中先生のポジショニング・トランスファーの理論と実技を学びましょう。



【日時】

2020年1月12日(日) 10:00~16:00(受付9:30~)

 

【受講費】

8000円(銀行振込)

※ご申し込みと同時に自動返信メールにて、振込口座をお知らせいたします。2週間以内にお振込みをお願いいたします。

※koutheraken@yahoo.co.jpを受信可能にメール設定して下さい。

※自動返信メールが届かない場合はkoutheraken@yahoo.co.jpまでご連絡お願いいたします。

 

【会場】

ウィリング横浜 10F 介護実習室1(京急「上大岡」駅 徒歩3分)


【セミナー内容】

1、拘縮の分類を再確認する

2、分類から対応策を考える

3、ポジショニングなどの実際

4、移乗介助の実際

5、実技

 ※プログラムは追加・変更になる場合がございます。

 

【持ち物】

・動きやすい服装

・昼食(会場は飲食可能です)

 

【定員】

30名(先着順)

 

【対象】

PT・OT・ST・看護師・介護士・他介護に関わる方

 

【講師】

田中義行 先生(株式会社大起エンゼルルヘルプ)