今回のナイトセミナーは『ゆみのハートクリニック』『筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程』の鬼村優一先生による高齢者の循環器疾患に関するセミナーを開催いたします。

  高齢者に対するリハビリテーションにおいて、循環器疾患は切っても切れない関係にあります。ひとくちに循環器疾患といっても病期や病態は様々で、働く職域によっても注意すべき点は異なります。また、多疾患をかかえて生活している高齢者は珍しいことではありません。そのため、整形外科術後や脳血管疾患発症後の高齢者を担当している場合においても、循環動態への配慮が求められます。

 当セミナーでは鬼村先生にリハビリテーションの場面を想定した循環機能の評価とリスク管理について臨床に即した形でご解説を頂きます。理学療法士の鬼村先生は日々の臨床に加え、循環器疾患における学術活動や執筆活動を行うなど、循環器疾患に精通された先生です。また基本的な循環器疾患からご教授いただけるため、初学者でも安心して受講いただけます。

 

  <以下のような方にオススメです>

 

『循環器疾患を有する患者様・利用者様になんとなく対応している』 

 

『基本的な循環器疾患・循環器動態を学びたい』

 

『循環器に関する評価とリスク管理を習得したい』

 

リハビリテーション場面における介入のポイントを知りたい

 

  循環器疾患を有する高齢者対応の臨床的なポイントを学び、より良い対応が出来るようになりましょう!!


セミナー内容

①基本的な循環器疾患と評価

②循環器疾患のリスク管理

③リハビリテーション場面における介入のポイント

  

 対象

PT・OT・ST・看護師




【日時】2019年5月10日(金)

19:00~21:00(受付18:40)

 

【受講費】1000円

※当日会場にてお支払いください

 

【定員】40名程度(先着順)

 

【会場】鎌倉芸術館 JR大船駅 徒歩10分)

  駐車場:1回700円、182台(駐車台数に限りがあります)


【講師】鬼村優一 先生

ゆみのハートクリニック、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程

・理学療法士

・保健学修士

3学会合同呼吸療法認定士 

・心臓リハビリテーション指導士