今回のナイトセミナーはの馬場俊一先生による上肢痛に関するセミナーを開催いたします。

 

 高齢者リハビリテーションにおいて、頻繁に対応を迫られるものの一つに上肢痛があります。ひとくちに上肢痛といっても原因は多岐にわたります。肩・手などの疼痛部位に原因がなく難渋する症例も多いかと思いますが、その場合、頸部に原因がある神経因性疼痛の割合は少なくありません。また頸部ということで介入をあきらめてしまうケースも多くあると思いますが、正確に評価し治療することで、その治療効果は格段にあがります。

 

 当セミナーでは馬場先生に上肢痛に対する頚部への評価・治療を徒手療法を中心とした実技中心にご講演いただきます

。馬場先生は1年間アメリカに留学し徒手療法のロングコース(Folsom Long Term Course)を修了した経験を元に整形クリニックやデイケアでの徒手的治療を展開されている先生です。またその経験を国際学会(WCPT-AWP & ACPT Congress in Taiwan 2013)で発表もされています。その徒手評価・治療技術には定評があります。

定員20名と少人数で実技を丁寧にご教授いただけるため、初学者でも安心して受講いただけます。

 

 <以下のような方にオススメです>

 

『上肢痛(肩~手)を有する患者様・利用者様に難渋している』 

 

『基本的な神経因性疼痛への評価治療を学びたい』

 

『頸部は怖くて触れない』

 

頸部に対する徒手療法を身に着けたい

 

 

  上肢痛に対する頚部へのアプローチのポイントを学び、介入の幅を増やしましょう!!


セミナー内容(実技中心)

①腕神経叢の評価

②頸椎に対する徒手療法

③頸部筋に対する徒手療法

  

 対象

PT・OT




【日時】2019年7月18日(木)

19:00~21:00(受付18:40)

 

【受講費】2000円

※当日会場にてお支払いください

 

【定員】20名程度(先着順)

 

【会場】金沢公会堂 第1会議室 京浜急行金沢文庫』『金沢八景』駅 徒歩12分)


【講師】馬場俊一先生(しのざき整形外科・神奈川大学非常勤講師-障害者スポーツ演習-

・理学療法士

・米国カリフォルニアにてPhysical Therapist Continuing Education : Folsom Long Term Course終了(2012年1~12月)